FC2ブログ

研修

新しい人も増えたので、博物館と収蔵施設の見学に行きました。

今までに見学したいと要望したら3通りの対応がありました。

積極的にどうぞどうぞ。

断る事は出来ないのでどうぞ。

公開はしていません。


民具を集める意味とは?と考えます。
選りすぐった物を集めて封印し、昔の技を留めておく。それもありでしょう。

物を見ながら作り、使い、壊れたらまた作り使う。作る技術、使う技術も込みで保っていく。
これも大事。


藁や草で出来た物は劣化します。そのうちボロボロになって朽ちていきます。

今は使わないでしょ、それもまたそうなのですが、そうすると使い方も分からなくなる。
作るより以前に材料の扱い方も。

今回みんなで行ってみて、前回の民具学会で行った時とは全く違ってたこと、作り方や形の違いに特化して同じ時間を持てたこと。
それと各人が興味のある物を引っ張り出してそれぞれに見せ合えた事。その場所にそんな物があったとは…と思ったことが何度もあったから。

やはり今年ちょっと無理してもこの時間が持ててよかった。

ちょっとずつ


また積雪がありました


まだ3月だから、とーぜんといえるけど、今まで気温が高めだったからねぇ。

昨日わらの会で研修に行ってきました。
天気も悪く、気温も上がらない予報だったので心配で、直前に昼食場所を変えてもらったりして…。

日頃の行いが良かったんですね。午前中雪マークがついてたのに晴れ間が見え、「ありったけの防寒をしてください」とふれたので、へでもない位でした。
良かった良かった…


津南雪まつり

やぁー祭り終わりましたよ〜。

疲れたぁー

お客さんは多かったし、売り上げもまあまあ。
クラフトフェアの雰囲気とは全く違う。みんな雪国を楽しみに来てる。


蓑、スゲボウシ、すっぽん、菅笠の着用体験もしました。
大勢の人が着て写真を撮っていきましたねぇ。
草の細かいのが付きそうで嫌がるかと思いきや、その服では、と思う人も着て喜んでくれました。

簑は私の、他のは師匠のです。
隣の家具屋さんでもスゲボウシ、スッポン、かくまきの体験をしていたのに、さらに会場の方でもスゲボウシの体験が出来たのに、どこも沢山の人で賑わったみたい。

着てもらうのに使っていいぜ、と出してくれた師匠はスゴいですよ。
更にその師匠がぼぼつぐら(赤ちゃんが入るつぐら)を出してくれ、中に入ってもらってよい、と言ってくれたので、紙に上の説明を書き、靴を脱いで入ってみませんか?と書いてみました。

そしたら驚き!
ちっちゃい子供は4人だけ。
後は大人の女性が。
インスタ映えの関係でしょうか。画像を探せば出てくるはずです。
私にはちんぷんかんぷんで探せませんが。

場所も良かったんですね。空き店舗の活用、です。


とりあえず喋りまくってたので、帰ったらぐったりです。

山のような荷物は工夫して車に詰めて1回でOKでした。2往復してもいい、位に思ってたんですが…

机板2枚、足が一対、ござ、むしろ1枚ずつ、箒に塵取り、ストーブ、そして自分の展示物。
向かいの場所でミニクラフト展をして、本職の展示もしていたのでその荷物も。

来年は〓〓を作りましょう、等のイベントは極力控えて静かなシーズンにしたい。
もう充分皆さん力を付けてきたので…。

実演会も研修もしばらくはしないつもり。
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR