干し柿 “初めて”の巻

学生の時、バス停の前の店に渋柿が売ってて、喜び勇んで一箱買って帰ったのでした。皮をむいて干したのはいいのですが、悲しいかな観察力が乏しかったのです、北側の窓に吊るしたんですね。結果、数日後には渋い緑色の黴に覆われてしまったんです。ちょっと人に聞くってことをすればいいのにね?でも回りに答えられる人も居なかったかも。昔からここに住んでいたら、「何してらんだこってら、北窓なんかに干してそぉ。お日様の当たるとこに干さなけりゃ、黴が来るがの」何て言ってくれそうな人がたくさんいるのに。去年は自分達で柿を採らせてもらったので、枝を付けて切って、しかも吊るしたのは藁でなった縄。いい感じでした。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR