柿あんぼ、なるもの





初めてこれを食べた時は、驚きと感激ものでした。
あんぼは昔はくず米や雑穀を粉に挽いて、今だったら食べないものもなんとか食べようとした代物、というイメージが年寄り衆の話にはあり、「不味かったのぉ」という人もいます。今あちこちで作るあんぼは、うるち米の粉に餅米粉まで足す、とても美味しい食べ物です。
柿あんぼの出色の所は材料が渋柿と米粉だけという事。しかも渋柿を煮てから使うこと。
作り方は渋柿を切って、水などは入れずに煮ます。よくかき混ぜないと最初は焦げるので、木ベラで混ぜます。柔らかくなったら芋つぶしで潰すか、ミキサーにかける人もいます。(種は煮る前に取ります)あら熱がとれたら米粉を合わせて捏ね、一握りずつにちぎって蒸します。中まで火が通ったら(20分位、大きさにも依る)捏ねバチにあけ最初は熱いのでスリコギなどでつき、触れるようになったら手で捏ねます。手に水をつけてくっつかないようにしながら、粘りが出て餅っぽくなるように結構しっかりと捏ねると美味しくなります。形は丸く平たく作って、ラップの上に並べていき冷めるまで置くか、すぐ一つひとつラップにくるむかしておきます。二、三日はそのまま食べられるし、固くなったら焼くか、レンジでもいいでしょう。
味はほんのりと、でもしっかりと甘く、昔はいいおやつだったでしょう。人によって好みはあるでしょうが、男の人にも懐かしがられる味です。
最近は柿取らないからと、切ってしまったり成らせっぱなしの木もあるけど、是非この柿あんぼを作って欲しいな。
今年はうちも煮たものを五袋位冷凍庫に入れました。なんせ来年の柿の成る時期まで取れないんですからね、貯めとかないと。今年はこれで安心。
ちなみにカボチャあんぼや、さつま芋あんぼも作ったそうです。これも美味しそうですよね。
また普通、あんぼと言えば、白い生地の中に切り干しの煮たのや野沢菜が入ってます。ヨモギの生地にアンコが入ったのも美味しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR