見玉不動尊に奉納



本日昼から行って参りました。欅の板に全員の名前を記し、わらじに付けました。達筆な方が書いて下さった皆さんの名前の中の私の名、この楽しい一時が板の中に留まっているようで、暫し眺めました。
古い山門はそれだけでも十分なんですが、ワラジが加わると藁の様々な黄土色が生き生きとしていて、更に存在感が増します。
お寺の住職様がお経をあげると、ワラジは山門にぴったりと合わさったようでした。

山門を吹き抜ける風は雪の山から吹き降りてくる冷たい風で、山門は大きな杉木立の中にあるので陽も射さず、二時間もいてすっかり体が冷えてしまいました。天気は良かったので、時々林の外の駐車場に出て温まっていました。
夏は涼しくて、冷たい水の流れる小さな滝もあるので、山門をくぐると汗が引くくらいです。(4/27)

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR