カラムシのおかき



7月末から8月の中頃までの間にカラムシを刈り取って、繊維を取り出します。
芯と皮とはすぐ剥ぐことができるのですが、そこから表皮を取り去るのが地道な作業。それをおかきと言います。
小さな包丁のような道具を使って外側の緑色の皮を掻き取ります。薄緑色の繊維はとても美しく陰干しした繊維の風に揺れる様は涼しげな暖簾のようです。

藁細工の藁は秋に実を取った残りを使えばいいのですが、カラムシの場合は夏のお盆前の忙しい時期に一仕事あって大変です。
私も体験施設の方が忙しく、ほとんどお手伝いできないのが残念です。

この時期に取った繊維は冬の間に糸に縒ります。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR