ズンズカ降りました


久しぶりです、あの降り方は。丸一日で1㍍に届きそうでしたよ。撮影二日目の日でした。
1日目は設営と藁の撮影と聞き取り、織りの様子の撮影でした。
2日目は場所だけ貸して、竹細工の人と昔話を語る人の撮影でした。午前中の竹細工の方のはずっと見せてもらいました。一つの作品が出来上がるのをずっと見られる機会ってめったにないですから。
小さめの「箕」が半日で仕上がりました。腕の確かな方です。とても綺麗な仕上がりでした。自分の所でするならともかく、違う場所で仕事するのに忘れ物もなく材料もちょうどいい。スムーズに仕事されてました。
使うのは山に自生している「根曲がり竹」。割るところもやるのに何本も持ってこられていて、最後の最後に無理言って一本割らせてもらいました。じっと見ていて頭の中にイメージ出来ていたのに、やってみるとまるきり動かない。細目の一本もう鉈の入りようがないくらい割り刻んだけど、あっこれかな?という感触があったのが一瞬。おっいい音!と思ったら目の前でカゴに向かっていたその方も「お、いい音がしたな?」と。ちゃんと気をつけて聞いてくれているのです、ああいう方は。見てなくても耳でわかる。結局まるでダメで無駄にはしたのですが、完璧に割ってみたい気持ちがフツフツと沸いてきた!来年は秋に根曲がり竹、取り行くか!(笑)

そんなことをしてる間にせっせせっせと雪は降りあっという間に本来の二月に戻ったのでした。
今年の雪の降り方はまだ楽な方で、真剣に降るかと思うと間は晴れたり、気温が上がって雨になったりします。そうして間が空いてくれると違うのです。その間に少しずつでも水で溶かして少なくする事が出来るからです。仕事場の回りは昨年はすぐ屋根まで達して、雪と屋根がくっついてしまわないようにするのに大変だったのですが、今年は間の降り休んでる間に毎日ちょっとずつ水で溶かしているのでまだ屋根に届いたことはありません。そこそこ降っているんですけどね。降り始めも早かったし。12月に㍍越えたのは初めてだと思います、こっちに来てから。

うちの撮影の方はこれで終わったので、出来上がりを楽しみにしましょう。

しめ縄の皮は二本と半分、もう少しで仕上がります。

今日はダンナが薪ストーブの煙突をつけていました。試しもしたようです。ストーブは元からあった物、火は見えないタイプの、でもドッシリとした高そうなストーブです。囲炉裏の火もいいんですが煙たくて。暖房にはやはりストーブの方がいい気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR