荷縄

荷縄も初めてなんですよね。
一昨年の藁を(今年の藁は短くて…)つぶし機で柔らかくして、更に槌で叩いてかなりもろもろに柔らかくしてから仕事します。
真ん中は太くして左右に二尋ずつ、全部で四尋(一尋は両腕を広げた指から指までの長さ―約1.4~5㍍)綯います。
三ぐりの左縄にします。真ん中と中心から一尋ずつの所に布を入れて補強します。
師匠宅で作らせてもらいました。師匠の手の動きはやはりきれいで無駄がなく見ていてはっとします。

ずっと見てたいけど、「ほら、やってみろ」と渡されてしまうので、後は自分でやらなくちゃなりません。

端は三本めの藁でぐるっと巻いて結び、続けて三ぐりにして10センチ程綯ったら巴結びにして終わりです。
仕上げに「こくり」をかけてきれいにします。

師匠は布草履を作ってはりました。
藁草履は藁ゴミが出るので不評なんですって。
おうちの人の理解がないと藁細工は出来ないんですね。

師匠との会話の中で、
(私)「そういえば藁の会の人で荷縄作ってるの見たことないな」
「今要らないものな」
(私)「要らないと言えば、スッポンもスゲボウシも要らないですよね」
「それを言っちゃぁ…」
使わない物作ってるんですよね。そのままじゃ遊びだよなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR