きちんと下がりました




なんというべきか、とにかく良かったです。

5日に神事があって。
あれから毎日、犬のサスケの散歩がてら神社に寄って、ちゃんと下がってるか見に行ってます。
雨が降ったりして外の湿気を吸って、重たくなって傾いたり、縄が伸びたりするんじゃないかと気になって見に行くのです。

5日は天気が良くて鳥居の前に下がった幟の白い色が青い空に映えて鮮やかでした。幟に付けた「さるぼぼ」も昨年婦人会で新しくしたものです。
今年の神事は戸主ばかり、男の人ばかりの中に一人入って隅の方で小さくしてたのに、最後の榊を上げるところになって、各区長が終わった後、ひとつ残って私に指名があり、緊張しましたが拝礼しました。
神事は4日だと思い込んでいて仕事を入れてしまい、一時間だけ抜けさせてもらって行ったので、お神酒は頂けなかったのです。それは残念でしたが、近所の人の春木山の話など聞いて帰ってきました。

世話役の方が用意して下さった写真の額が2枚あって、1枚は今回の、もう1枚はつい一年前まで下がっていたしめ縄のです。
写真額は壁に並べて下げてあります。
思うに前回の16年前の御開帳の時作られたしめ縄が丈夫できれいで、長い年月にも耐えたので、私が新しいしめ縄の話を今回受けられたのだと思います。
この町の中でも他の地域でしめ縄が下がっている神社は無いみたいなのです。無い物を新しく作ろうと声を掛けるのはなかなか大変です。ある物を新しくしようというのはそれよりはハードルが低いですね。
3年前だったら、私も手を挙げられなかっただろうと思います。

師匠には
「みんなの喜ぶ事をすればいいやんそ」
と言われました。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR