もう春です

引っ越し、転勤の春。
花粉の春。
花の春。
緑の春。
いろんな春がありますが、雪国はまだまだ雪が降ります。一昨日20㎝くらい降りましたかね?
その降ったばかりの真っ白い雪の上に杉の花粉がまぁるく黄色い円を描くように色をつけています。
ぞぉ~…!

実演会の報告です。
3/7~13の六日間(月曜は休み)なじょもんを会場に実演会と販売会、+民技会わら細工グループとの交流会をしました。結果的にちょっと欲張り過ぎた感はありますが、概ね上手くいったのではないかと思います。

一つはお知らせの仕方です。チラシと町の広報無線、地域の新聞の三本でしたが、それぞれに効果があり、来てくれた人の数はさほど多くはなかったものの、というより予想通り少なかったのですが、熱心な人が集まり大変よい結果だったと思います。
また開催期間、1週間というある意味長い会でしたが、土日は来られる方、土日以外なら来れる方いろいろの要にあった形になりました。
また毎日来た人も何人もあり、1週間続けて来ることで頭に入りやすいという意見もあり、日替わりで年長者のメンバーが入れ替わることで違う話が聞けて、民俗としとも面白い会になりました。これはちょっと考えなかった展開です。
正直、平日は見学者はほとんど来ないと思い、土日の賑わいに比べると寂しい四日間になるのじゃないかと心配していたのです。あにはからんや、昼御飯中も話がはずみ、席を立つこともなく、座りすぎて疲れたくらいです。

交流会は一考が必要。事前の準備が不足で、やはり講習会に近い形になってしまったことで、あちらにも負担をかけてしまったかなと。
皆が違う物を作ることで、技術の幅を見て貰いたかったのですが、二つくらいに絞って、多人数が同じものにかかるというのもいいかと思いました。

販売会は概ねいい形でした。
外でやるのと違い、テントを立てる手間も要らず、雨の心配もない。場所はたっぷりあるので、用意した机に「家にあるものを全部持ってきてください」と声をかけて持参してもらったものを並べたら、かなり迫力のある展示になりました。販売を増やすにはもう少し来場者が欲しい、というところでしょうか。

展示は三つ、
○藁細工の会の活動の様子を描いた水墨画
○わらで作られた干支の置物
○藁以外に今使っている素材(主に草)
その他にそれぞれのわら製品の説明を民俗学者の文章を引用しそれぞれの場所に置きました。

当日用に今後の日程等を書いたチラシも用意し、多少の要には答えられたかと思います。

実演会の場所としては冬の雪の季節でも車が停めやすい。ある程度暖かい。掃除しやすい。
という事等考えると、なじょもんで良かったなと思います。

私はといえば、あの時作っていた簑がまだ完成せずに残っていて、雪の消えるまでには終わらせたいと思うところ、である…。

代表になったからといって、つまらない文章ばかり書きたくはないけど、ある程度まとめはしなくちゃね。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR